配車アプリ、過熱する割引合戦 自社負担で2割引も

2019/12/30 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タクシーの配車アプリで割引競争が激しくなっている。自社の負担で2桁の割引率のクーポンを配布し、決済アプリと連携して「最大半額」をうたうものも登場した。利用者を増やすことで全国に22万台あるタクシーにアプリの採用を促す。配車アプリの収入源は後部座席に設置するデジタルサイネージ(電子看板)の広告収入だ。アプリが入れば、電子看板の設置につながるとみて、大型還元が広がっている。

11月末から12月中旬ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]