踏みとどまる信州経済、五輪・パラ効果に期待
回顧2019

2019/12/27 19:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年の信州経済は勢いに陰りが見え始めた1年だった。米中経済摩擦の影響が企業活動にも波及し始め、今は「晴れ」だが徐々に「雲行きが怪しく」なっている。東京五輪・パラリンピック関連需要をどこまで取り込めるかが20年の県内景気のポイントになる。

日銀松本支店と長野経済研究所(長野市)は今春、そろって景気判断を引き下げた。主因は米中摩擦の影響だ。中国経済の減速が電機、機械など幅広い業種に及び、企業マ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]