2/20 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 円下落、10カ月ぶり112円台 景気減速、新型肺炎懸念で[有料会員限定]
  2. 2位: 「日経平均優位」に潜む危うさ 先物空中戦、相場かく乱[有料会員限定]
  3. 3位: 前田道路、増配で「資産価値下げ」実るか 前田建TOB対抗[有料会員限定]
  4. 4位: 海外買収、大型案件相次ぐ 減損リスクも[有料会員限定]
  5. 5位: 前田道路、535億円の特別配当 敵対的TOB対抗で大幅上げ[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,377,741億円
  • 東証2部 73,520億円
  • ジャスダック 95,733億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.16倍15.89倍
株式益回り6.59%6.29%
配当利回り1.99% 1.99%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,479.15 +78.45
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,510 +140

[PR]

スクランブル

フォローする

割安ジャスダック株に集まるマネー、「株価3倍」相次ぐ
証券部 大西康平

2019/12/27 20:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新興市場で日経ジャスダック平均株価が堅調だ。27日は4日連続で年初来高値を更新し、1月の高値を超えられない東証マザーズ指数と対照的だ。話題になった作業服販売のワークマンを上昇率で上回る銘柄が相次ぐ。共通するのはマザーズ銘柄より割安ながら業績の安定する老舗という点。先行きが不透明ななか、リスクオンに傾ききれない投資家を映している。

「次世代通信規格『5G』の導入で、将来の市場拡大が見込める。長年の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム