/

ペッパーフード、新株予約権を発行 69億円調達を想定

「いきなり!ステーキ」出店増で借入金返済

ステーキ店「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスは27日、行使価格修正条項付きの新株予約権を発行すると発表した。69億円の調達を想定するが、金額が増減する可能性がある。調達した資金は新規出店などで膨らんだ借入金の返済や広告宣伝費などに充てる。

割当先はSMBC日興証券で、新株予約権のすべてを行使すると520万株になる。6月末時点の発行済み株式の24.74%にあたる。払込日は2020年1月15日。当初の行使価格は1332円で、この価格での調達額は69億円となる。ただ、株価に応じて調達額は変化する。27日の終値は1294円。発行価格の下限は666円で、上限はない。

69億円を調達した場合、48億円を借入金の返済に充てる。19年11月末の借入金の総額は87億円だった。また、13億円をテレビコマーシャルなどの広告宣伝費に充てる。

また、みずほ銀行など金融機関から計41億円を8~9月に借り入れたと発表した。

いきなり!ステーキはペッパーの連結売上高の8割強を占める主力事業。ただ、既存店売上高は18年4月から20カ月連続で前年同月を下回っている。19年12月期の連結最終損益は25億円の赤字(前期は1億2100万円の赤字)になる見通し。

財務体質も悪化しており、16年12月期に30%だった自己資本比率は、19年1~9月期末時点で5%まで低下していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン