投資家も企業も「脱お上」を 株高に甘えるな
コメンテーターが読む2020 梶原誠

梶原 誠
本社コメンテーター
2020/1/4 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の市場関係者は2020年、「スーパーバブル」の恐ろしさを垣間見る局面があるのではないか。

スーパーバブルとは、著名投資家ジョージ・ソロス氏が金融危機とバブルの悪循環を読み解いたキーワードだ。

バブル崩壊を恐れる中央銀行は、金融緩和で危機を封じ込める。バブルの山はさらに高くなってスーパーバブルを形成する。その先に来る谷は、一段と深くなる――と。

19年はソロス氏のシナリオ通りの展開だった。米連…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

梶原 誠

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]