/

この記事は会員限定です

スー・チー氏出廷 祖国愛か打算か ユン・スン氏

米スティムソン・センター・シニアフェロー

[有料会員限定]

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問は11日、同国のイスラム系少数民族ロヒンギャの迫害問題を巡り、国際司法裁判所(ICJ、本部オランダ・ハーグ)に出廷した。西アフリカのガンビアがイスラム協力機構を代表し、2016年10月以降のロヒンギャ系武装勢力を対象としたとする掃討作戦がジェノサイド条約違反だとして、ミャンマーを提訴したのを受けたものだ。

掃討作戦後、70万人を超すロヒンギャが隣国バング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1568文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン