デジカメ市場、冷え込み一段と 世界出荷ピークの8分の1に

2019/12/27 20:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

デジタルカメラ市場が一段と冷え込んでいる。2019年の世界出荷は1500万台前後と前年から2割ほど減少し、ピークの約8分の1になりそうだ。カメラの性能向上で復調するスマホに押され、デジカメ各社の業績も厳しい。オリンパスは交換レンズを約1割値上げし、ニコンは事業コストを500億円減らす。販売減に歯止めがかかる兆しがなく、構造改革は待ったなしだ。

カメラ映像機器工業会(CIPA)によると、19年1~…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]