/

この記事は会員限定です

2020年法律こう変わる 契約ルール一変、五輪対応も

4月から大企業は「同一労働同一賃金」

[有料会員限定]

2020年は、仕事や暮らしに関わるルールが大きく変わる。4月には約120年ぶりの大改正となる改正民法が施行される。契約ルールの見直しや不動産の賃貸まで幅広く影響が及ぶ見通しだ。働き方改革関連では、同一労働同一賃金の原則が適用される。急拡大するデジタル経済に対応する新ルールの審議や施行も控えており、企業は機敏な対応が求められることになりそうだ。

債権法、約120年ぶりの大改正

4月1日から契約に関するルールが大きく変わる。民法のう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン