東京ムーブメント

フォローする

2020年法律こう変わる 契約ルール一変、五輪対応も
4月から大企業は「同一労働同一賃金」

(1/2ページ)
2020/1/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年は、仕事や暮らしに関わるルールが大きく変わる。4月には約120年ぶりの大改正となる改正民法が施行される。契約ルールの見直しや不動産の賃貸まで幅広く影響が及ぶ見通しだ。働き方改革関連では、同一労働同一賃金の原則が適用される。急拡大するデジタル経済に対応する新ルールの審議や施行も控えており、企業は機敏な対応が求められることになりそうだ。

■債権法、約120年ぶりの大改正

4月1日から契約に関…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
国立競技場の近くに設けられた五輪マークのモニュメント(24日、東京都新宿区)

 新型コロナウイルスの感染拡大によって1年延期が決まった東京五輪・パラリンピック。アスリートも日本の社会も想定外の打撃を受けたが、嘆いてばかりもいられない。苦難を乗り越えて来年夏の大会を成功させるには …続き (4/9)

緊急事態宣言を受け、利用停止となった味の素ナショナルトレーニングセンター=共同共同

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言の余波は、五輪・パラリンピックの中枢拠点にまで及んだ。日本スポーツ振興センター(JSC)は8日、トップ選手の強化拠点である味の素ナショナルトレーニ …続き (4/8)

五輪マークのモニュメント(東京都新宿区)

 東京五輪・パラリンピックの開催は来年に延期されたが、大会名は「東京2020」のままとなっている。名称は商標登録され、スポンサー企業の他、個人などの応援目的以外は使用できない。だが「東京2021」を使 …続き (4/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]