中部3知事に聞く2030年への針路 「リニア後」へ独自策

2020/1/6 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年に入り、中部地方は27年予定のリニア中央新幹線開業を迎える新たな10年を歩み始めた。ターミナルと新駅ができる愛知と岐阜、国際会議開催地やリゾート地として存在感を高めたい三重。3県の知事に「リニア後」を見据えた企業誘致、観光振興策を聞いた。

愛知・大村氏「スタートアップ集積加速」
 「リニア開業で東京、名古屋、大阪間の移動時間が大幅に短縮し、3大都市圏が一体となった大交流圏が誕生する。その…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]