マレーシアのプロトン、国内2位に返り咲きへ
19年販売台数 低価格戦略が奏功

2019/12/27 16:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シンガポール=中野貴司】マレーシアの国民車メーカー、プロトンの販売が回復している。株式の49.9%を持つ中国大手の支援を受け、新モデルを相次ぎ投入した効果で、2019年は4年ぶりに国内2位に返り咲くのが確実だ。12月には12億リンギ(約320億円)を投じて多目的スポーツ車(SUV)の国内生産を始めた。20年も勢いを持続できるかが焦点だ。

プロトンの1~11月の販売台数は約8万9000台。同じ国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]