サイバー防衛の「シーサート」、400社・団体へ

2020/1/6 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サイバー事故対応の専門チーム「CSIRT(シーサート)」を設置する日本企業が相次いでいる。2019年に前年比で2割増え、約380社・団体になった。背景にあるのはサイバー攻撃の急増と、半年後に迫った東京五輪だ。攻撃が集中する7月24日の開会式は「スポーツの日」で祝日になる。指揮系統など体制見直しが急務になっている。

「手の内を明かしたくないから詳細は秘密だ。ただしサイバー攻撃は最大の経営リスクの一…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]