家具サブスクのクラス、ギークスなどから2億円調達

2019/12/27 16:15
保存
共有
印刷
その他

家具のサブスクリプション(定額課金)サービスを手掛けるクラス(東京・目黒)はフリーランスのIT人材仲介を手掛けるギークスなど複数の事業会社を引受先とする第三者割当増資を実施し、2億円を調達した。貸し出す家具の拡充や、自社のウェブサイトを充実させるためのエンジニア採用に充てる。

「CLAS」は家具などを定額課金制で貸し出す

クラスは2018年に設立され、家具やインテリア、家電のサブスクリプションサービス「CLAS」を運営している。個人に加えて飲食店やホテルでも導入する事例が増えている。今後は特に需要が高まるとみられる法人向けの商品数を増やす方針だ。

ギークスにとっては、事業シナジーが期待できる企業に出資する「ベンチャー投資プログラム」の初めての案件となる。今後はインターネットを活用した新しいサービスや製品を開発する企業に投資していく。

ギークスはITフリーランスのネットワークを通じて人材を紹介することで、自社の事業との相乗効果を狙う。今回の出資にあわせて、ギークスが紹介したエンジニアがクラスでウェブサイトの作成業務にあたっている。

(斎宮孝太郎)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]