リニアと呉越同舟 中部国際空港、首都圏第3空港へ
ナゴヤの名企業 新戦国時代 第7部 交通(2)

2020/1/8 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

競争と協調の時代に入った中部の交通インフラ。2027年にリニア中央新幹線が開通すると、中部国際空港(愛知県常滑市)は大きな影響を受ける。リニアは「ライバル」(同空港の犬塚力社長)だが、同時に商機でもある。中部空港はリニア開通を契機に、「首都圏第3空港」としての立ち位置へ飛躍を目指す。

「安全で快適な空の旅をお楽しみください」。空の玄関、中部空港では年間1235万人が国内と海外の都市へ行き交う。特…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]