/

この記事は会員限定です

へその緒、白血病の合併症に活用 新興が12億円調達

[有料会員限定]

再生医療のヒューマンライフコード(東京・千代田)はへその緒に含まれる細胞を使って白血病の合併症を治す事業の準備を急ぐ。2020年12月をめどに、細胞をストックする施設を東京大学医科学研究所に設ける。臨床試験を経て、23年の承認申請を目指す。

白血病の治療には、正常な血液を作ることができるよう造血幹細胞を移植する方法がある。合併症として、発疹や下痢が生じることがある。

合併症を抑える通常の薬の効果が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り269文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン