栗田工業、米半導体関連企業を子会社化 精密洗浄に強み

2019/12/27 15:40
保存
共有
印刷
その他

栗田工業は米半導体関連企業のペンタゴン・テクノロジーズ・グループ(カリフォルニア州)を2020年4月1日付で子会社化すると発表した。栗田工業は半導体などの電子産業を重点事業領域に位置づけ、海外顧客網の拡充などを進めている。米国の半導体メーカーや半導体製造装置メーカーを顧客にもつペンタゴン社を傘下におさめ、成長を目指す。

ペンタゴン社は1998年の設立で、18年12月期の売上高は8979万ドル(約98億円)。半導体製造装置を保守・点検する際に装置を洗う精密洗浄事業に強みをもつ。

栗田工業は4月に米国法人を通じてペンタゴン社の25%の株式を取得した。来年4月には、米国法人が26%の株式を主にペンタゴン社の役員から約57億円で追加取得し、株式の過半を握る。

栗田工業は日本で同様の事業を手掛け、20年3月期の事業売上高は前期比2%増の71億円を見込む。同社が得意とする工場やビル向けの水処理薬品事業(20年3月期の事業売上高見通しは15%増の1172億円)と比べると小さいが、当面の半導体市場は次世代高速通信規格「5G」の開始などで底堅く推移するとみて投資を決めた。

栗田工業は「ペンタゴン社がもつ最新の半導体製造装置向けの洗浄技術を取り込めば、当社の国内事業とのシナジー効果が期待できる」と話す。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]