日本アニメ、動画配信で存在感 京アニ放火で支援の輪

2019/12/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年は日本のアニメの存在感が世界で一段と高まった年だった。けん引役は米ネットフリックスなどの動画配信サービス。19年春にはネットフリックスが大手アニメ制作会社のアニマ(東京・新宿)などと包括提携を発表。AT&T傘下のワーナーメディアも20年5月からスタジオジブリ(東京都小金井市)作品の配信を決めた。動画配信の市場が伸びる中、日本アニメへの注目が高まっている。

■「攻殻」の新作、ネットフリック

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]