それを使い回せ 作家 篠田節子

エッセー
2020/1/7 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

車から降りると山吹色のサリーを着た女性が近付いてきた。「空のペットボトルをやってくれ」とガイドが言う。

インドオリッサ州、ラヤガダ近くの村でのことだ。それに水道水を詰めて売るというアコギな商売はそこにはない。そもそも店もない先住民の村だ。数本さし上げると、にっこり笑い帰り際に茹(ゆ)でトウモロコシをくれた。香ばしく、堅く、甘みのない昔のトウモロコシの味だった。

わざわざお礼をされるほど、ペットボ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]