/

この記事は会員限定です

関西経済19年回顧記者座談会 相次ぐ「異例」

[有料会員限定]

関西電力の金品受領問題などで相次ぐ不祥事やコクヨによる敵対的買収――。2019年の関西経済は異例な1年だったともいえる。経済記者が振り返った。

関電金品受領 原発政策の構造に問題

デスク まず関電問題のいまの状況を教えて。

記者A 関電は年内報告を第三者委員会に望んだが徹底調査のために越年に。記者会見で但木敬一委員長は「奥が深い問題が出てきた」とも発言した。それだけ深刻ということだね。

デスク やはり関電の責任は大きい。

記者A そんな単純な話か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1319文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン