知られざる名阪鉄道史(下) 戦後は近鉄と新幹線が競争

2020/1/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京阪電気鉄道が大阪と名古屋を結ぶ「名古屋急行」の計画を断念してから3年後の1938年。近畿日本鉄道の前身、関西急行電鉄が名古屋まで開業し、宇治山田(三重県)まで開通していた参宮急行電鉄と名阪のレールが結ばれた。戦後間もない1947年には有料特急の運転を始め、「ビスタカー」「アーバンライナー」など「近鉄特急」の代名詞となる名車を生み出し、数々の災禍を乗り越え、東海道新幹線と闘った。

近鉄の中興の祖…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]