お手上げ少子化対策 突破口は小泉環境相の育休取得?

2019/12/28 5:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

少子化の加速が深刻だ。2019年の出生数が86.4万人に落ち込む見通しを国がこのほど明らかにした。少子化は日本の趨勢とはいえ、90万人割れは国の従来予想より2年も早い。今年は改元に伴う令和ベビーの増加が期待されていただけに、日本が陥っている少子化問題の根深さが浮き彫りになった。もはや少子化対策は万策尽きたのか。

■「令和ベビー」 ブームにならず

「認識が甘かった。私の想定以上に日本の少子化構造は深…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]