「本土と同じ」日の丸掲げた日 沖縄の重荷、議論の時
1964→2020(6)

2020/1/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1964年9月7日昼。米軍施政下の沖縄・那覇空港に、東京五輪の聖火を乗せた特別機「シティ・オブ・トウキョウ」号が滑り込んだ。

聖火リレーは沖縄が出発点。第1走者は当時22歳の琉球大4年、宮城勇さんだった。極度の緊張の中、何とかトーチを掲げて走り出した宮城さんの目に飛び込んできたのは、沿道を埋め尽くす日の丸、日の丸、日の丸だった。涙を流している人もいた。

「僕たちはみんな日本人なんだ」。わき上がる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]