青函トンネルで「貨物新幹線」 JR北海道が実証へ

2020/1/2 1:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR北海道が「貨物新幹線」の実現に向け、2020年中にも佐川急便と実証実験に乗り出す。舞台は青函トンネル。東京―札幌間を4時間半で結ぶには、貨物列車と共用するために減速している青函トンネル内のスピードアップは避けて通れない。31年度の経営自立への第一歩として、反転攻勢が始まる。

貨物新幹線はJR北海道の営業エリア、新函館北斗(北斗市)―新青森(青森市)間で実験する。食材選びはこれからだが、函館近…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]