ボーイング、宇宙で負ったのは「かすり傷」
編集委員 小玉祥司

小玉 祥司
2019/12/28 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ボーイング社が開発した新型宇宙船「スターライナー」が、無人での打ち上げ実験を終えて予定より早い2019年12月22日に地球に帰還した。打ち上げ直後のトラブルで計画していた国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングは断念し、当初は実験失敗と伝えられたが、ドッキング以外はほぼ順調に進んだ。米航空宇宙局(NASA)は多くの実験で成果をあげたと評価。完全な成功とはいかなかったが、ボーイングが宇宙で負…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]