霞が関パパ、育児に奮闘 ワンオペに挑む

ダイバーシティ
2019/12/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

男性国家公務員の育児休業取得率は21.6%だ(人事院調べ)。民間(6.16%)よりは高いものの、女性と比べると著しく低い。政府は2020年度から男性国家公務員に1カ月以上の育休取得を促すしくみを始める。霞が関で率先して両立に奮闘する男性らに、育休で得た気づきやその後の働き方を聞いた。

働き方改革の旗振り役でありながら、国会対応の多さなどから他省庁より長時間労働が多い厚生労働省。だが人事院によると…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]