米中対立の裏側 「習政権ウオッチ」まとめ読み
編集委員 中沢克二

習政権ウオッチ
中沢 克二
コラム(国際)
編集委員
2019/12/31 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中の覇権争い激化、香港での空前の大規模デモ、新疆ウイグル自治区の少数民族問題、1992年以降、最悪となる中国経済の急減速……。

天安門事件からちょうど30年だった2019年は、中国指導部にとって極めて困難な年になりました。その前兆は驚くことに国家主席の習近平(シー・ジンピン)自身がとらえ、予想していたのです。1月21日には習が演説で2つの動物の名を挙げて警戒を呼びかけました。常識を覆す想定外の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]