/

この記事は会員限定です

米中対立の裏側 「習政権ウオッチ」まとめ読み

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

米中の覇権争い激化、香港での空前の大規模デモ、新疆ウイグル自治区の少数民族問題、1992年以降、最悪となる中国経済の急減速……。

天安門事件からちょうど30年だった2019年は、中国指導部にとって極めて困難な年になりました。その前兆は驚くことに国家主席の習近平(シー・ジンピン)自身がとらえ、予想していたのです。1月21日には習が演説で2つの動物の名を挙げて警戒を呼びかけました。常識を覆す想定外の重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1433文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

習政権ウオッチ

経済や安全保障面で米国の一極支配を打破しようとする中国の習近平政権の中枢で何が起きているのか。習国家主席による腐敗撲滅政策の狙いなどを的確に報じ、「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞した中沢克二・日本経済新聞編集委員(前中国総局長)が深掘りする。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン