トルコ、内戦のリビアに派兵へ 欧州・ロシアをけん制

2019/12/26 21:22
保存
共有
印刷
その他

【イスタンブール=木寺もも子】トルコのエルドアン大統領は26日、内戦が続く北アフリカの産油国、リビアに派兵すると表明した。東部の武装勢力と争うシラージュ暫定政権側を支援する。同政権を支えることで、東地中海でのガス田開発で対立する欧州や、リビア内戦で武装勢力側に立つロシアをけん制する狙いがある。トルコの参戦で、内戦が混迷を深める恐れもある。

エルドアン氏は26日、テレビ演説で「(暫定政権からの)招きがあったので応じる」と述べた。2020年1月上旬に再開する国会で派兵関連法案を可決させる見通しにも言及した。

与党の党員を前に演説するトルコのエルドアン大統領(26日、アンカラ)=AP

与党の党員を前に演説するトルコのエルドアン大統領(26日、アンカラ)=AP

トルコはこれまでも武器供与などに応じてきたとされる。19年11月下旬には改めて武器供与や軍事訓練などを行うための軍事協定を締結し、このほど国会が承認した。

リビアは11年、民主化運動「アラブの春」をきっかけに長期独裁のカダフィ政権が崩壊した。現在は首都トリポリを本拠とし、国連が認める暫定政権と、東部ベンガジを拠点とするハフタル司令官の武装勢力「リビア国民軍」との分裂状態にある。

リビア国民軍はロシアなどの支援を受け、トリポリ奪取を目指して攻勢をかけ、暫定政権は守勢にある。これまでの戦闘や無人機攻撃で市民を含む1千人以上が死亡し、数万人が避難した。トルコが派兵や高性能無人機の大量投入に踏み切れば、戦況を大きく変える可能性がある。

トルコが暫定政権に肩入れする背景には、東地中海での天然ガス田開発問題で欧州などに対抗する狙いがある。エルドアン氏は26日の演説で「この海でトルコが釣りもできなくなるようなたくらみを見過ごすことはできない」と述べた。

トルコのみが承認するトルコ系の北キプロスと欧州連合(EU)加盟国のキプロスの分断が続くキプロス島の沖合では、豊富なガス埋蔵が確認されている。トルコは北キプロスの権益を主張し、複数の掘削船を派遣したが、EUやエジプトなどの沿岸国はこれを一切認めず非難の応酬が続く。

キプロスとギリシャはイスラエルと組み、東地中海にパイプラインを敷設して欧州にガスを輸出する計画を進めるが、トルコはかやの外だ。

トルコとリビアの暫定政権は軍事協定に先立ち、東地中海での両国間の排他的経済水域(EEZ)を画定する合意を結んだ。トルコが主張する広範なエリアを認めるもので、パイプラインのルートとも重なる。

EU側は「違法だ」と猛反発するが、エルドアン氏はパイプライン計画を妨害するための法的根拠とすることをもくろむ。そのためには暫定政権が存続し続け、協力関係を築くことが不可欠だ。

リビア内戦への関与強化は、ロシアへのけん制にもなる。表だっては認めないものの、ロシアはハフタル氏側を支援しており、エルドアン氏はロシアが民間軍事会社を使って介入していると批判した。

米国との関係が緊張するトルコは初の原発建設や兵器購入でロシアに接近する。一方、シリア内戦を巡っては、シリアのアサド政権とロシアが進めるシリア北西部の攻略作戦により、トルコへの難民が流入することから反対している。

エルドアン氏とロシアのプーチン大統領は20年1月8日に会談する。リビア内戦の「利害関係者」としての立場を拡大することで、ロシアと交渉する際のカードを増やすことができる。

リビアは欧州を目指す難民や移民の密航拠点でもある。欧州では、15~16年にかけて難民の大規模な流入に苦慮した記憶が鮮明だ。欧州では難民を圧力のカードとしてきたエルドアン氏の動きに警戒が強まる可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]