時価総額でカゴメに匹敵 鳥取の菓子企業・寿スピリッツ
徹底した現場主義、成長をけん引

2019/12/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人口最少の鳥取県に株式の時価総額が2500億円とカゴメに匹敵するお菓子の会社がある。海外を含め18社を束ねる寿スピリッツだ。北海道発の洋菓子「ルタオ」などのブランドを持ち、インバウンド(訪日外国人)需要を取り込み、急成長している。企業運営の実像に迫った。

「超、超絶!ダブリューエスアール(WSR)」。11月15日、東京都内でのグループの経営会議。冒頭、河越誠剛社長(59)らが指を立てて「W」の文…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]