夫が高収入の共働き家庭 妻の1割が年収700万以上

2019/12/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

共働き世帯の妻の過半数が、配偶者特別控除で減額の基準となる年収150万円未満のパートタイムの働き方を選んでいる。一方で、夫の年収が高いほど「150万円の壁」を超えて働く妻の年収も高くなっていることが、ニッセイ基礎研究所の調査でわかった。

夫の年収が300万~499万円未満だと年収700万円以上の妻は0.8%、500万~699万円未満で1.5%と極めて少ないが、1000万円以上では13.3%を占め…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]