長期政権、最長景気が支え 安倍首相の在任 連続7年に

2019/12/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第2次安倍政権の発足から26日で丸7年を迎え、8年目に入った。安倍晋三首相は連続在任期間でも東京五輪後の2020年8月に大叔父の佐藤栄作氏を超え、史上最長となる。異例の長期政権を支えたのは大幅な落ち込みなしに持続的な回復を続ける戦後最長の景気だ。

首相は26日、首相官邸で記者団に「初心を忘れずにしっかりとやっていきたい」と述べた。同日の経団連審議員会では経済見通しに関し「最大の起爆剤はあと半年あ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]