政争脱し未来探る機会に 大阪都構想、大枠固まる

2019/12/26 17:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪都構想の大枠が固まり、賛否を問う2度目の住民投票が2020年秋に行われる。構想の登場から約10年、前回の否決から約5年。大阪の政治と行政はこの問題を巡って長く揺れ続けてきた。

大阪維新の会と反維新の対立は大阪府・市の首長選、議会選だけでなく国政選挙でも繰り広げられた。推進の動きが立ち往生するたびに維新の側は「民意を問う」と選挙での局面打開を図り、反対派は「大阪市をなくすな」「維新政治に終止符…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]