プレーバック

フォローする

男子マラソン、円谷が「銅」 1964年東京五輪

2019/12/26 18:00
保存
共有
印刷
その他

11月に装い新たに生まれ変わった国立競技場。1964年東京五輪のメインスタジアムとなった旧競技場の歴史に刻まれる名場面が、陸上男子マラソンでの円谷幸吉の走りだ。

1964年東京五輪の男子マラソンで3着でゴールインする円谷幸吉=共同

1964年東京五輪の男子マラソンで3着でゴールインする円谷幸吉=共同

曇天の10月21日。2時間12分11秒2の世界最高記録で史上初めてマラソン連覇を果たすアベベ(エチオピア)に遅れること約4分。代々木門をくぐって2番手でトラックに姿を現した円谷は、迫るヒートリー(英国)とのデッドヒートとなった。ゴールを目前に抜き去られたが銅メダル。「がんばりがいがあったなと、しみじみ思いました」と関係者とサイダーで乾杯し、笑みを浮かべる晴れやかな姿が翌日の新聞紙面を飾った。

円谷は4年後に向けさらなる飛躍を期したが、腰の持病が悪化。椎間板ヘルニアとアキレスけんの手術を受けたものの復調かなわず、68年1月、「幸吉はもうすっかり疲れ切ってしまって走れません。(中略)幸吉は父母上様のそばで暮らしとうございました」と遺書を残し自ら命を絶った。享年27歳だった。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルス決勝、中国ペアと対戦する藤井(右)、垣岩組

 日本バドミントン界の悲願が成就した瞬間だった。2012年ロンドン五輪。女子ダブルスの藤井瑞希、垣岩令佳組は結成7年の熟練の攻撃プレーで日本勢初の銀メダルに輝いた。

 開幕前の世界ランキングは5位と、メ …続き (3/19)

ジョイナーはソウル五輪で陸上短距離3冠に輝いた=ロイターロイター

 長く伸ばした髪をなびかせ、長い爪には鮮やかなマニキュア。それまでの常識を覆す奇抜なファッションと衝撃的な走りで一時代を築いた。1988年ソウル五輪で陸上短距離3冠に輝いたフローレンス・ジョイナー(米 …続き (3/12)

卓球男子シングルス3位決定戦で勝利し、雄たけびをあげる水谷

 福原愛ら女子の陰に隠れていた日本男子卓球界が一躍、脚光を浴びた2016年リオデジャネイロ五輪。エース水谷隼は心技体とも絶好調だった。

 シングルス準決勝で金メダルの馬竜(中国)に惜敗したものの、3位決 …続き (3/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]