小泉元首相、日本郵政「民営化徹底で立て直しを」

2019/12/26 17:30
保存
共有
印刷
その他

小泉純一郎元首相は26日のテレビ番組で、かんぽ生命保険の不適切販売を受けた日本郵政グループ経営陣の引責辞任について「徹底した民営化の会社だという方向で立て直してもらいたい」と述べた。前総務次官が行政処分情報を天下りした日本郵政幹部に漏らしていたことに関し「改革を中途半端にしてしまった。国家でないとできない事業ではない」と話した。

次男で環境相の進次郎氏について「脱原発の思いを持っていると思うが今は閣僚だから言えない」と指摘した。「まだまだ力がついていない。当選回数を重ねて影響力が増せばいろいろできるようになる」と話した。国際社会からの批判が強い石炭火力発電で新しい政策を表明できていないことに関しては「当然だ。閣僚は一議員とは違う」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]