/

この記事は会員限定です

日本株に「外為法リスト」の影 海外投資家が見極め

証券部 山下晃

[有料会員限定]

「年内は無理かもしれない」――。28年ぶりの高値(2万4270円)の更新を目前に足踏みする日経平均株価に市場関係者が気をもんでいる。世界景気の底打ちを先取りする形で米国株が過去最高値圏で推移する中、日本株の上値の重さが目立つようになってきた。日本固有の要因として意識されているのは、2020年春に施行される改正外為法だ。

「ガバナンス(企業統治)の改善は目覚ましい。日本に来年は大きく投資していきたい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン