/

Jフロント、パルコを完全子会社化 658億円でTOB

ファッション市場の縮小など事業環境は厳しい(東京都墨田区の「錦糸町パルコ」)

J・フロントリテイリングは26日、65%出資している上場子会社のパルコを完全子会社化すると発表した。TOB(株式公開買い付け)で、イオンなど他の株主からパルコ株を買い取る。取得額は658億円の見通し。ファッション市場が縮小するなか、完全子会社化でグループ連携の強化が不可欠だと判断した。

TOBが成立すればパルコは上場廃止となる。買い付け期間は27日から2020年2月17日まで。12月25日終値(1364円)に約36%のプレミアム(上乗せ)をつけ、1株1850円でほかの株主から取得する。パルコに8%出資するイオンは、JフロントのTOBに賛同するとしている。

Jフロントは12年8月にパルコの株式を65%まで買い増し、連結対象としていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン