割を食うのは30~40代 岐路に立つ正社員制度
浜銀総研・遠藤裕基氏に聞く

2019/12/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

正社員制度の雲行きがいよいよ怪しい。2019年後半、経済団体のトップや経営者から終身雇用や年功賃金を否定する発言が相次いだ。高度経済成長を支えた日本的雇用慣行もついに来年度以降は見直しが加速しそうだ。浜銀総合研究所の主任研究員、遠藤裕基氏は最も割を食うのは30~40代だと指摘する。その真意と対策を聞いた。

■中高年に高い賃金払い続けられない

――正社員制度への批判はこれまでもあった。

「年功賃金や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]