北関東の百貨店、体験型の福袋充実 キャンプや相撲観戦

2019/12/26 15:46
保存
共有
印刷
その他

北関東の百貨店が2020年の福袋の準備を本格的にスタートした。目立つのはコト消費を重視した体験型の福袋だ。水戸京成百貨店(水戸市)のキャンピングカー福袋(666万6666円)は、専用車両に12泊分のキャンプ場無料券を付けた。高崎高島屋(群馬県高崎市)も相撲観戦と相撲部屋のパーティー参加を組み合わせた福袋など工夫をこらしている。

水戸京成百貨店は約530種類、約1万7000点の福袋を用意する。1月…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]