英豪資源大手リオ、21年に鉱山の採掘などを完全自動化

高橋 香織
アジアBiz
編集委員
2019/12/26 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オーストラリアの資源大手が、人工知能(AI)などの技術を使って、鉱山の採掘から出荷までを完全自動化する新たな取り組みを、2021年から本格的に開始する。世界初の試みで、生産効率を最大限に引き上げ、不安定な鉄鉱石の市況が収益に与える影響を最小化する狙いだ。今後、資源ビジネスはどう変わるのか。英豪大手リオ・ティントで、鉄鉱石部門の鉄道・港湾・コアサービス担当を務めるマネジング・ディレクターのアイバン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]