/

官房長官「着実に工事進める」 辺野古移設の工期延長で

菅義偉官房長官は26日の記者会見で、米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の工期延長を踏まえ「着実に工事を進めることこそが普天間の一日も早い全面返還と危険の除去につながる」と述べた。移設がずれ込む見通しとなったことでは「移設を待つことなく、危険除去を進めるためにできることは全てする」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン