/

クラレ社長、4カ月間報酬3割返上 談合問題で

クラレは25日、同社の活性炭事業などで独占禁止法に基づく排除措置命令を受けたことを受け、伊藤正明社長が2019年12月からの4カ月間、月額報酬の3割を自主返上すると発表した。同社は浄水場の水から不純物を除去するために使う活性炭の納入を巡って過去に談合を繰り返し、今年11月に公正取引委員会が課徴金の納付命令を出していた。このほか自衛隊の戦闘服などの入札でも、15年11月まで談合を繰り返していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン