2019年の航空業界、活況を襲った乱気流

日経産業新聞
2019/12/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の航空機市場は好況だが波乱含みだ。ジェット旅客機数は2038年に18年比7割増の4万機になる見込み。一方、米ボーイングの「737MAX」は事故問題で生産が中止になり、影響は他の機種の減産・開発延期に及んでいる。欧州エアバスのみでは需要をまかなえそうにない。三菱重工業の「スペースジェット」も開発が遅れている。19年の航空機市場を振り返った。

■米ボーイング、737MAXの生産停止

「ボーイング問…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]