/

都内企業の障害者雇用率2.00%、過去最高 19年

東京労働局は25日、2019年の都内の障害者雇用状況を発表した。企業の実雇用率は前年比0.06ポイント上がり2.00%と過去最高だった。上昇は8年連続。企業で障害者雇用への関心は高まっているものの、障害者雇用促進法が定める法定雇用率2.2%にはまだ届いていない。雇用数は約20万4400人と前年から5.5%増えた。

公的機関の実雇用率は東京都の機関が2.87%、区市町村などの機関が2.36%だった。法定雇用率はそれぞれ2.5%。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン