/

この記事は会員限定です

東京都、キャッシュレス比率50%めざす 2025年に

[有料会員限定]

東京都は週内に発表する長期戦略ビジョンで、2025年に都内のキャッシュレス決済比率を50%に引き上げる目標を掲げることを決めた。国の目標である40%を上回る。都はキャッシュレスにつながる独自のデジタル通貨を発行する計画で、国内最大の消費地として脱現金をけん引する。

デジタル通貨のモデル事業として、2020年1~2月に時差通勤やレジ袋削減などに伴って付与するポイント「東京ユアコイン」を発行する。ポイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り264文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン