/

富士フイルム、認知症治療薬を欧州で治験

富士フイルムはアルツハイマー型認知症の新薬候補物質の効能を調べる臨床試験(治験)を欧州で始めたと発表した。ドイツや英国、オランダなど7カ国の計約200人の患者を対象に実施し、認知症の進行との関連が疑われる脳内物質を減らす効能の有無を調べる。

治験は2023年までを予定し、良好な結果が得られた場合は、新薬の販売承認を得る最終段階の治験に進む見通し。

富士フイルムの新薬候補物質「T-817MA」は、リン酸化タウと呼ばれるたんぱく質を減らす効能が期待されている。脳内にリン酸化タウが増えると認知機能が低下するとされており、製薬各社が認知症治療薬開発の手掛かりにしている脳内物質の1つだ。軽度の認知症患者に投与された場合、症状の進行を食い止められる可能性がある。

富士フイルムは14年から17年まで、米国で類似の治験を実施した。このときの治験ではリン酸化タウを減らす効果は認められたものの、認知機能の改善については科学的に有効なデータを得られなかった。最終段階の治験に進めるだけのデータを欧州で得られるかが、課題になる。

現代医学は、アルツハイマー型認知症の発症や進行のメカニズムを詳細には解明できていない。このため、製薬各社は認知症との関連が疑われる脳内物質を削減したり、増加を抑制したりする物質を見つけて新薬の開発につなげているが、思うような成果を得られていないのが実情だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン