東証1部の年初来安値銘柄、2カ月半ぶりの多さ 売買代金、7年ぶり低水準

2019/12/25 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

25日の東京株式市場で年初来安値を付ける銘柄が相次いだ。東証1部では19銘柄と、10月11日以来約2カ月半ぶりの多さだった。海外投資家がクリスマス休暇に入り、売買代金は7年ぶりの低水準となった。全体としては来期の業績回復を見込む声が多いが、商いが乏しい中で、個別の材料で先行きの業績不安が拭えない銘柄に投資家の売りが集まっている。

東証1部の売買代金は1兆992億円と、2012年12月12日(1兆…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]