/

この記事は会員限定です

女川原発2号機が「合格」 再稼働、他原発の今後左右

[有料会員限定]

全国の原子力発電所の中で2011年の東日本大震災の震源に最も近い東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の2号機が11月、原子力規制委員会の安全審査に事実上合格した。高さ約13メートルの津波や激しい揺れに襲われても、事前の設計が奏功して事故を免れた。ただ、被災した建物の健全性評価などに時間がかかり、審査に約6年を費やした。たびたび津波や地震に襲われてきた三陸地方にある同原発のあり方は他原発の行く末にも影響...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン