/

九州電力、LNG燃料船で石炭運搬 日本郵船・商船三井と

握手する(左から)日本郵船の長澤仁志社長と池辺社長、商船三井の池田潤一郎社長(25日、東京・千代田)

九州電力と日本郵船、商船三井は25日、環境負荷が小さい大型液化天然ガス(LNG)燃料船で火力発電用の石炭を運搬する長期契約に向けた協定を結んだと発表した。世界初となる石炭専用の大型LNG燃料船2隻を2023年春以降に投入する。世界で環境規制が強まるなか、二酸化炭素(CO2)や硫黄酸化物の排出削減につなげる。

LNG燃料船は日本郵船が大島造船所(長崎県西海市)、商船三井が名村造船所とそれぞれ建造する。投資額は非公表だが、通常のばら積み船より高くなる見通し。オーストラリアなどの産地から九電の松浦発電所(長崎県松浦市)と苓北発電所(熊本県苓北町)に石炭を運搬する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン