10月の長野県内宿泊者17%減 台風19号が打撃

台風19号
2019/12/25 17:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

観光庁が25日公表した10月の宿泊旅行統計調査(第2次速報値)によると、長野県内の延べ宿泊者数は前年同月比17%減の130万人泊だった。10月の宿泊が140万人泊を下回るのは比較可能な2011年以降で初めて。台風19号による交通インフラの寸断が深刻だったことが改めて浮き彫りになった。県の試算では、10月の台風による観光影響額は104億円にのぼる。

■観光シーズン直撃

前年と比べた減少幅は台風19…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]