/

この記事は会員限定です

地銀店舗「週休5日」に住民困惑 過疎地で店舗削減

リセット金融営業・地方の現場から(上)

[有料会員限定]

奈良県東吉野村。過疎に悩む世帯数800余りの集落に11月、動揺が走った。住民の女性(82)が南都銀行から受け取った案内は、最寄りの小川支店の営業日が来年4月から週2日になるとの通知だ。週休5日になる。

隣の支店までは9キロメートルある。村にはATMがあっても、6割が60歳以上の東吉野村には操作できない高齢者も多い。車を運転しないこの女性は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン