年末年始の休業、外食・宅配で拡大 働き方改革を優先

2019/12/25 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人手不足を背景に企業が年末年始のサービスを縮小する動きが広がる。ハイデイ日高など外食チェーンや小売業では休業する店舗が増え、宅配便では佐川急便が元日(1月1日)の一部業務を昨年に続いて休止する。深夜営業や365日営業の見直しを受け入れる動きは、消費者の間でも浸透しつつある。競争よりも働き方改革を優先する流れが加速しそうだ。

中華チェーン「日高屋」を展開するハイデイ日高。都心店を中心に、12月28…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]